2014.06.12 Thu 00:46

【転載】わたしは自分がインディゴチルドレンだとわかる前、アスペルガー症候群だと思っていました。


こんばんわ。

チャネリングヒーラーMI★KAです。

今日は私のことを書きます。


私は自分がインディゴチルドレンだとわかる前に

ああ、わたし、アスペルガー症候群なんだ。

と思う方が先でした。




それは2010年ごろで

仕事をやめて間もないころで

自閉症支援のお仕事をされている方と

知り合えたことが大きかったのですが

その頃、引きこもりや登校拒否なども

広汎性症候群と関係があるって

知りえたのもそのころです。



わたしは変なことが出来ないところがあって

2ケタの数字を数えるとか

39の次が20になったりして

数え間違えが異常に多かったり



一日の中でも夕方になると急激に視力が落ちたり

複数の音を聞き分けることが苦手だったり

(テレビをつけながら音楽が流れているとかすごいストレスに感じる)

あるいは、視界が右手で自分の右肩をたたくこの狭い部分しか

見えなくなるとか

(ほかの部分は白い)

いろいろなことがあるんだけど


そういった一連のことが

広汎性症候群のひとにもあることだとわかって

わたしは、そういうところがあるんだと

認識したほうが速いんです。



書きながら思い出しましたが

その前に

統合失調症のひとが

世界がどのように見えるのかという

CGのようなものを見させてもらったことがあるのですが

それも

「こんな風に見えているときがある」

と思ったことがあったこともあり


私は本当に「まっすぐ家に帰りなさい」と言われると

曲がらないでどうやって家に帰ったらいいんだろうと

困惑する子供で



私がそれまで

みんな同じような感覚とか状態とかでも

忍耐があって、もっと努力していて

出来ていると思っていたことが

わたしの誤解で


自分が普通の人と同じように生きるために

自分が自分が思う以上に努力して

「普通」に努めていたんだって

そんな風に思うきっかけにもなりました。



だからって医者に行って

私アスペルガー症候群のようなので

薬を処方してください。ということをしたのかというと

そういうわけではなく



自分が思う以上に

過労や精神的ストレスに弱いんだという前提で

睡眠時間を多くとるようにして

苦手なことを、

上手くできないこと

早くできないことを

『許す』ということをしたんです。



その当時わたしは、自分がチャネラーとして生き始めるなんて

思いもしないで

心理セラピストとして

心理セラピーや

ヒプノセラピーや

スクールコーチの協会の取り組みの

コーチングの勉強会をしていたので

ひとりコーチングをして

ひとり承認を繰り返す。ということを

ひたすら繰り返していました。




わたしはチャネラーになって

時々、

「だれもかれも自分みたいに何でもできると思うのは間違いだ」

と相手の方が

私がなんでもできて、

人も何でもできると誤解していると言われたことが

ありますが

本当に

普通の人と同じように生きるために

わからないことも出来ないこともたくさんあって

練習して出来る様になったことや

本を読んだりして

普通の人はこういうことを考えていて

こういう時、こうするんだと学んだことがたくさんあって


ナルトに出てくるサイが

コミニケーションの本を見て

こうするんでしょ?っていうとこあったじゃないですか?

他人事じゃない気持ちです。

まさにそんな感じです。

本当にわたしには

人がどうしてこういう時にこういうことが普通と言われるのか

こういう時に普通こうするでしょとか

わからないことばかりだったんです。


こんな風に書きながら

何時からこんなに広汎性症候群と

エンパスの区別がつくようになったんだろうとか

自分はエンパスで

アスペルガー症候群じゃないと

思うようになったのか考えていますが



そのあと東日本大震災後

超クレアボアンスな時期に

世の中のエネルギーや

エーテルコードや

「嘘」の言葉が口から黒い煙がはき出されるように見えたり


体中の毛穴という毛穴に針を刺されているような

力づくで広げられているような

体中に痛みがあって

とにかくみるみる具合が悪くなって

あれよこれよと

「チャネラーとして生きなさい」と言われる日がきて


それからは

チャネラーとして生きるために必要なインストールが入っているので

もしかしたら

本当にある日、急に認識がかわっているのかもしれません。




わたしはチャネラーに移行するときは

誰でも彼でも

あののたうち回るような「痛み」があるとか


みんな自分はアスペルガーだとか誤解している。

と思い込んでいるところがあって

ここ最近連日

インディゴチルドレンと広汎性症候群の関係について

ものすごいいろんなことを伝えられているんですが

まだうまく認識できていないし、

言葉にできません。


だけど、今日

先に、わたしは

自分がチャネラーとして生きるんだとわかる前に

インディゴチルドレンだとわかる前に

アスペルガー症候群だと思っていたんですと

アウトプットしなきゃいけないような気持になり

この記事を書きました。


だけど、

もし、心を癒す仕事に関わりたいと思っていたら

知識として知っていてくれたらうれしいとは思うんです。


そして

広汎性症候群っぽい

自分のセラピーが有効じゃなかったお客様に対して

インディゴチルドレンじゃないの?っていう人が

減ればいいと願うし



広汎性症候群には社会的に理解と

優しいコミニケーションスキルが

浸透したらいいなと願うし


インディゴチルドレンが

自分らしく生きられる「自由」さで


護られたり

保護されるのではなく


才能を開花できるような

受容と承認が得られていたら

うれしいなと思うんです。



 レース青023-02
robo
レース青023-02

ANGEL★BLESSINGS!

セッションメニューはこちらからご覧ください(*^_^*)

セッションのお問い合わせはメール又はfacebookのメッセージでお願いいたします。


レース青023-02


ANGEL★BLESSINGS! PRESENTS 【FERTILITY】 


(旧)自分らしい未来の扉を開こう!Angel★Blessings! 

楽しい☆キレイ☆幸せの魔法を手に入れようo(*^▽^*)o♪ しあわせ指数向上委員会はこちらから♪


クリエイティブプロジェクト☆";..+☆"+ちはやふる*,,☆+",,,☆""・・

ライブドア ライン

☆";..+☆"+*,,☆+",,,☆""・・your wish is granted! what you've asked for is coming true.

事実と体感と感情、想像を認識しよう。インディゴは自分の力を自分でコンサルできる。



関連記事

Comments

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top