2013.01.17 Thu 22:35

『わたし、インディゴチルドレンなんだ!』と思ったら


こんばんわ!MI★KAです。

わたし、インディゴチルドレンなんだ!!という

自分が何者なのかを取り戻した多くの人が経験していると思うんだけど

インディゴだって

わかると

自分が過去に経験したすべてが

ぐわーってものすごい勢いで

点と点が線で繋がって

謎がとけて、経験によって得た知恵が

ずばばばばばって

整っていくのを経験すると思う。

そしてね

すぐ次のステージに居場所が変わってしまう。


そして

自分のしようとしている事に

インディゴであるってことすら『枠』に思うかもしれない。

そしてそれは大正解です。


自分がインディゴチルドレンであるって

わかったら

すぐ、次のステージに移行してしまう。

すると

自分がインディゴチルドレンであることが

自分の一部として意識すらしないぐらいに

自然なことに思うと思う。



インディゴチルドレンにとって

インディゴチルドレンだからという価値基準はない。

そして

ない方がいいとわたしは思う。


アースエンジェルもインディゴチルドレンも

魂のルーツが何だって話なので

なりたいからなれるものではないです。


そして、

インディゴチルドレンの多くは

自分がインディゴであるということに価値をおきません。


自分が表現していく魂の仕事が

この地上にある言葉で表現するにはあまりに

新しいもの過ぎて適切な言葉が存在していないからです。


わたしもスピリチュアルヒーラーって何しているんですか?

とよく聞かれていますが

チャネリングセッションと心理学勉強会とセラピスト限定集客セミナーしています。と言ったとこで

実際のところセッションや講座をうけてもらった方のように理解できる人いないと思うし、

それで

よく、名刺に資格を載せていないので何が出来るかわからないと言われるけど

載せたから何がわかるというんだろうと思う。

ファイナンシャルプランナーや、簿記や、エクセルやワードや、カラーの資格を持っているとか

NLPやNGHやコーチングや色彩診断を学んでいるとか

パーソナルカラー診断ができるとかチャネリングができると言ったとこで

だから何が出来るかなんて誰も理解できないのだ。



スピリチュアルヒーラー文字通り

精神的癒しを行っています。

これ以上に私を表現できる言葉なんて本当にあるのだろうか?

名刺に資格を載せていないので何が出来るかわからないと言われるけど

資格名やインディゴチルドレンという総称で

インディゴは計り知れないと私は思う。



最近わたしは

あるスピリチュアルな職業の方にチャンネルはあっていますか?

と投げかけられ

またあるスピリチュアルな職業の方に

こんなにちゃんとしているかたはなかなかいないと言っていただいた。


それでも私は一人である。

ならばどちらかが嘘で偽者なのか?

そういうことでもない。

癒しに関わる人は

サイキッカーは、ヒーラーは

相手が自分の為に言った事、したことを立会う仕事が多い。

そして表現はすべて内側の状態が外に出ているだけなんだ。




インディゴチルドレンの多くは

『インディゴチルドレンじゃないの?』と

第三者に助言をいただく事を経験していますが

(本当に能力者なら

知らないから経験できる事は知ってしまったら経験できなくなるので

必要な時期まで話さない事が多いですが)

その理由に愕然とする事も多くて

要するにインディゴが何なのかということが

多くの人がわかっていないのが現状なんだけど

これはインディゴが自分を話して行く事に意味があると私は思う。

でも、言葉として必要だから受け取るんだろうね。

そして確信がない状態が必要だから信じきれない状況で

言葉を受け取る事になる。



でもね

インディゴチルドレンは

インディゴチルドレンって言葉を資格のようには思わない傾向が強いと思う。

カラーの検定名が

どれだけよく色が見えてセンスがいいのかを表現できないことと同じように。



自分の強さや

正義感や

敏感さや感受性の強さや

なぜか生意気といわれるとか

なぜかむちゃぶりが多いとか

出来ねえよ!でもやるしかねえよ!

というような状況が多かったり

とにかくもうダッシュしているような人生だったり

ブランコで振り回されているような人生だったりすることが

理由があったのか!と思うだけで

かなり満足だったりします。

救われたような気持ちでいます。

それで充分なのです。

意味があった!それで充分に感じるのです。




インディゴチルドレンの聡明さは

生き辛い理由集めをしないんだなって感じています。

少なくとも

わたしが出会ったインディゴチルドレンはそうです。




そして、

わたし、生き辛いのはインディゴチルドレンだからだと思う。

そう言う人に本当にインディゴな人をを見たことがないんです。

少なくともわたしはないです。



インディゴチルドレンは自分自身が地球に来た理由を

とてもよく理解しています。

自分の人生は自分の手で切り開かないとね!!

でなきゃXXXなんかで出来ない。って思っていたりします。


それが、インディゴの強さの全てかもしれない。

だから、チャレンジできる。

チャレンジできる。

チャレンジしないでいられない。

チャレンジするしかないと思っている。

チャレンジした先にしかないと思っている。

と思っている人が多い。


インディゴチルドレンには

生き辛い。その理由を探す余裕もなく

前を向いて

ただ、ただ、

進んでいる。といういう印象が大きいです。


最近わたしは

ただ、切開くだけだ。と

よく感じています。

そうただ、切開くだけ。

前は

壊すだけと思っていて

そんな自分が本当に頭おかしい子ちゃんだと思っていた。



辞書を開くと

壊すとは形を変えるための力という意味もあると書いてあります。

めちゃくちゃにする。形をないものにするって意味だけじゃないんですよね。

インディゴチルドレンは

ときどき

ただ壊すだけ。という言葉が

脳裏に浮かぶかもしれない。



たしかに私たちは恐ろしく強いけれども

誰かを傷つけるために

誰かを壊すために来たんじゃない。



何かを変化させる力なら

思いやりでも、優しさでも、敬愛でも、笑顔でも

美しいものでも、楽しいものでも出来る。


インディゴは自分がインディゴだと気がつくと

インディゴであるという事に意味を持たないものが多い。

そこまで進めたら

私たちの壊すという仕事が

尊敬を傾ける事で

相手の信念を変えてしまったりする

『愛』を選択することだと私たちはよく知っている。




だから、自分を愛して、自分を幸せにして。

高い幸せ指数でしか表現出来ない

質の高い『愛』を表現していくんじゃなかったけ??


そんな風になっていくと

インディゴのオーラがレインボウに輝いちゃうらしいよ!




















レース青023-02
robo
レース青023-02




ANGEL★BLESSINGS!セッションメニューはこちらからご覧ください(*^_^*)

エンジェル★メッセージはこちらから(*^_^*)


やまがたこころのいやし☆ことばの庭はこちらから



クリエイティブプロジェクト☆";..+☆"+ちはやふる*,,☆+",,,☆""・・





関連記事

Comments

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top