2015.06.19 Fri 08:00

夏至を祝う {TODAY'S GIFT}


ヨーロッパでは

夏至祭は、

キリスト教の聖人の日と

北欧伝統の季節の祝祭が一緒になった

お祭りなのだそうです。


町や村の広場に横たえられた柱に、

樹木の葉や花の飾りがつけられたり、

若者たちが中心になって柱を立てて

人々はその周りを一晩中踊り明かし、

たき火をたいて、

その上を飛び越えたりするそうです。


フィンランド公式トラベル・ガイド — VisitFinland.com



前夜に摘む薬草には、

特に効果があると信じられていて、

セント・ジョンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)を、

イブの夜に枕の下にしいて寝ると、

夢に現れる聖人のご加護があるとも、

未婚の女性の場合、

未来の夫が夢枕に立つともいわれているそうです。

1年間の健康が約束されるために花や葉で冠をつくったり

男女の縁結びや占いをしたり

たき火をたいたり

将来をうらなったり・・・。


フィンランドでは

この日をユハンヌス(juhannus)とよんで

湖のそばでたき火を燃やすそうです。

この火はフィンランドではコッコと呼ばれて

フィンランド神話中の主神

空の神ウッコへのささげものなのだそうです。




by:Stephanie |Anabelrose Photography|


2015年の夏至は6月22日ですね。

空に感謝して

そして健康を祈ったり

未来の幸福を願ったり

太陽の恵みを感じてみましょう。





712_20150503233846324.png



ANGEL☆BLESSINGS
    
ベージュ
   CHANNELING HEALER MI☆KA

 +゜・。○。・゜+゜・。○。・゜+゜・。 I have a gift for you.



関連記事

Comments

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top