2015.01.21 Wed 09:00

FORGIVE YOURSELF


4100487714_db46b2030b.jpg
by:Angus柒




やあ。

ミカエルです。

今日はとてもいい

完璧なタイミングだね。

そして君の願いが叶うために

君自身がしなくてはいけないことがあることを

今日は伝えます。

後悔と罪悪感を手放そう。


   ◇◇◇


君の生きるスピードはとても速くて

それにたくさんの経験をして

たくさん成長しているから

既に

ある時期に時間を共有した人たちからは

別人のようだと言われているかもしれない。



君にとっては

考え方や

どんなことに価値をおいて

選択を繰り返すのかと言う事や

あるいは

話す言葉や

ライフスタイルの変化が

どんな風に

自分自身や状況や環境や

周りの人や収入や生き方を

好転的に変革させていくのか

身を持って感じていると思う。


つい最近

いまよりもずっと若く体力もあって

自由だったはずの時間が

苦しく辛く寂しく喜びや楽しみがなく

不安で悩みだらけだったことを思い出したかもしれない。


今のほうが

責任や問題が大きいのに

絶望せずに前向きに向き合っていられるね。

そして、希望も自由も感じていられる。

君はひとつひとつ

正しいことを選んで

完璧に前進してきてくれてありがとう。

僕は本当に

君のことを尊敬しています。


   ◇◇◇


君は過去の自分のことを

とても尊重しているし

過去の経験や

選択が、「今」と言う未来に

どんなに意味を持って

役に立っているのかを

とてもよく認識しているから

こんな風に僕がいうと

心外かもしれない。

だけど僕のことを怒ってもいいので

それでも話はちゃんと聞いてくれたら

うれしいです。


優先順位の高い

このタイミングで君が

君自身でしなくてはいけないこととして

後悔と罪悪感を

手放してください。


最近、追いかけられるように

その出来事や、その人のことや

それを知ったらあの人に軽蔑されるだろうと

思うようなことを

思い出していたと思う。


君はそれは

相手の人の悪意や怒りや

君を嫌う思念波や君を呪う呪詛のように

思っただろうか?

それは恐ろしいものだったかい?

それとも恥に感じて隠したくなったものだったかい?


ねぇ、

「あるがままの君」は

今の君とあの時の君とどちらが

あるがままの本当に君なのかと言ったら

間違いなく「今」の君があるがままの君だと

僕は約束します。



あの時の君は

君の本来の良さをはぎとられて

かろうじて残る

君らしさや君の良さが

隠れるほどに

君ではないモノに覆い隠されて

なのに

とても大事な「核」の部分は

護られず、むき出しで

それはとても

危うくて

そして

今の君には信じがたいことを

たくさん選んで

たくさん言葉にして

たくさん行動をしたかもしれないけれど


・・・忘れずに手放さずに

反省し続けたいとすら

思っているかもしれないけれど

今、このタイミングで

その罪悪感も

後悔も

手放してください。


それはもちろん

消えてなくなる事でも

忘れてしまうわけでもないし

君が恐れているように

手放すことで同じことを繰り返す自分に

戻るようなことはないけれど

だけど

後悔や罪悪感を手放すことによって

必要な叡智や

魂の仕事のパーツや

人のためになる何かに

形を変形させて

戻ってくることはあるかもしれない。




   ◇◇◇




君自身が

後悔や罪悪感を持ちづづけることによって

ストイックに何かを得られ続けられると

もしかしたら

君自身はそう思っているのかもしれない。

だけど、

この後悔や罪悪感を持ち続けることによって

君の求める修業は得られることはないのだと

あえて僕は君に伝えよう。


君が君として生きれなかった時につけられた

君が君として生きる価値がない証や

刻印のように

僕には感じています。


その後悔と罪悪感を手放しなさい。

君が赦すように

君自身も赦されなさい。



Michael
関連記事

Top