2015.02.06 Fri 18:06

それでも、「愛」は近づいてくるからね


lgf01a201412230700.jpg

著作者: Meno Istorija


節分や春分の日は

なにかお祝いをしましたか?

特別大がかりなことじゃぁなくてもいいんです。

妖精たちは

冬は冬眠している人たちもいますが

実は冬の始まりと

それと

冬の終わりは大きなお祭りをします。

みんなで輪になって

歌って踊るんです。

妖精たちにとっては

「今」がまだまだ寒くても

太陽に出会えている時間が

毎日長くなっていることが

とてもうれしくて仕方がなくて

そして

雨が降るたびに

雷が鳴るたびに

強い風が吹くたびに

春が近づいてくることが

わくわくしてたまりません。



妖精たちがいつも

楽しく明るく仲良くいられるのは

「今」できることを大事にして

「今」出来ないことを

したいとも欲しいとも

思わないからかもしれません。


それとも

「今」楽しくてみんなで仲良くいられて

みんなが明るいから

遠い夏を恋しがったり

秋のきのこを欲しいと

考える時間がないのでしょうか?


わたしには妖精たちが

本当は何を考えているのかまでは

わかりかねますが

なにか

求めているそれが

目の前にあらわれるまで

もう少し時間がかかりそうですよ。

だけど

神様があなたの願いを叶えるのを

忘れているわけでも

意地悪しているわけでもなく

だけど

もうちょっと待っている時間がありそうなので

そのことはちょっと

こっちにおいておいて

「今だからできること」を

楽しみましょう。

この季節だから楽しめること

この状況だからできること

この機会だからできること

今から楽しむ練習をして

それが目の前に現れた時に

ちゃんと喜べるように

楽しめるように、

幸福にみたされるように。



 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

   ANGEL★BLESSINGS

 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
 
関連記事

Comments

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top